40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

【コラム】あなたの成績を左右する監視銘柄の選び方

      2015/11/17

こんにちは、はみたろうです。

2014 11 09 12h23 37

 

監視銘柄選びは超重要!デイトレでの銘柄選び

 

皆さんはどのように銘柄を選んでいるだろうか。
デイトレードにおいて銘柄選びはとても重要なのだが、
意外と適当に監視銘柄を選んでる人がいるように思う。 

ただ値上がりランキングの銘柄を追いかけたり、ネットで話題になっている銘柄を弄ってるだけでは視野が広いとはとても言えず、チャンスの拡大とリスクの軽減の面から言っても不十分だろう。 

 

 

どのような銘柄を監視する?


では具体的にどのような銘柄を監視するのか。トレード方法によっても若干変わってくるだろうが基本は一緒だろう。


1.売買代金が多い

まず第一条件は売買が多い銘柄だろう。これが極端に少ないと自分の買いや売りだけで何%も値が動いてしまい、まともなデイトレードができなくなってしまう。
このようなことを防ぐ為に、
ある程度の流動性、売買高が必須となる。

ただ一つ注意してもらいたいのが主に見るのは『売買代金』であり『出来高』ではない。
デイトレードの本などに『出来高』を見ると書いてあることを多々見るのだが、出来高はその株が何株売り買いされたかを示す数字であるため直接流動性を示していない。
しっかり売買代金を確認せず、出来高があるからと無闇に
飛び付けば思わぬ落とし穴に陥ってしまう可能性があるので注意したい。

 

2.値動きが大きい

次に値動きだ。
極端な話、売買代金だけ見るなら東証一部の大型銘柄だけで良いとなってしまう。
しかし大型銘柄は基本的に値動きも小さくなるためデイトレには向かない。
基本的に売買金額が低いと値動きが軽くなり値動きは大きくなる傾向があるが、低すぎると流動性に問題が出てくるので、その辺りのバランスを探ることになる。

 

3.市場の注目度が高い

その会社に材料が出たりテーマの流れに乗っていたなどで注目が高まると売買代金、値動きの両方高まることが多くなる。

当然デイトレとしては積極的に売買すべきだろう。
だが、注意したいのは注目度が高いということは盛り上がりを見せていることになる。
必然的に株価は高値圏であることが多くなる為、下値リスクが高い。
リスク管理を怠ると痛い目を見ることもある為、要注意だ。

 

 

Yahooファイナンスは便利なツール


私がよく使うサイトの一つにYahooファイナンスがある。
ここは様々な銘柄のチャートやランキングを表示させるだけではなく掲示板も備わっており、異常な値動きの理由などもすぐに調べることができるためとても便利だ。

Yahoo

上の画像はマザーズの売買代金ランキングだ。
私はこのランキングから値動きの良さそうなものをピックアップして監視に入れている。
マザーズやJASDAQの売買代金上位銘柄は流動性と値動きのバランスが良いことが多いため好んでトレードをしている。 

 

 

こまめに監視銘柄を入れ替えよう

相場の移り変わりは非常に速い。
昨日大盛り上がりしていた銘柄が翌日にはほぼ売買無しなんてことは珍しいことではないしテーマも日々どんどん変化していく。
そのような状況に対応するためには頻繁に監視銘柄をアップデートしていく必要がある。
一見地味だが、このような部分の積み重ねは長い目で見ると大きな差になるはず。

利益が出ているとどうしてもサボってしまいがちだが機会損失を生んでいることに気づいてない可能性もあるため、しっかり行っていくべきだろう。 

 

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - トレード手法