40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

【コラム】逆張りの中に順張りは存在する

      2015/11/13

こんにちは、はみたろうです。

katikata2トレードを細分化すると逆張りも順張りの一種

あなたの手法は順張りと逆張りどちらだろうか。
私の基本手法は逆張りをベースに組み立ててある。

だがデイトレードを細かく見ていくと順張りも逆張りも実は同じような買い方をしている瞬間がある。
私は逆張り主体のトレーダーなのでその目線から書かせてもらう。

 

そもそも逆張りとは

トレードでの逆張りとは何かしらの理由で下落した銘柄を主体に売買を行うことだ。
株価はその値が急激に崩れた場合、恐怖心が伝染して売りが売りを呼ぶことがある。
結果として売られ過ぎてしまい落ち着くと適正価格まで買い戻される動きが起こる。
これがリバウンドと言って逆張りトレーダーはこのリバウンドを狙ってトレードを行うことになる。

ここのどこに順張りの要素があるのか。
順張りとは逆張りと逆で株価の上昇力そのものをトレードの基本とする。

この上昇力がポイントだ。
逆張りにも上昇力があるポイントがある。

逆張りで遭遇する3つの場面

リバウンドは大きく分けて3段階の局面がある。

1 下落場面
2 底値を探る場面
3 底値を付けて上昇に転じる場面

基本的にこの3ステップの順番で起こる。


1 下落場面

何らかの要因により、株価が下落してる場面。
売りが強いので明らかに安値など特に理由がない限りは手を出さないのが無難。
ここで無闇に買う行為を『落ちるナイフを掴む』と言う。

2 底値を探る場面

この辺りから出来高も減り下落速度も落ちてくる。
ホルダーの恐怖心も落ち着き始めるためこの辺りからリバウンドを狙うことになる。

3 底値を付けて上昇に転じる場面

チャンスと見て市場の投資家たちが集まる場面。
ここからが本格的な『リバウンド』が始まる。

 

以上3つのステップを経て本格的なリバウンドへと移行していくのが基本となる。

 

底値から上昇に転じる瞬間は順張り

この3ステップのうち2から3へ移行する瞬間は順張りのブレイクアウトによく似ている。
順張りでのブレイクアウトとはある基準となるポイントを越えると投資家たちが殺到して一気に上昇する現象を利用した投資法である。

リバウンドも底値であるポイントを超えた時、一気に上昇することがある。
これは数多くの投資家たちが底値から上昇に転じたところを買いポイントと判断し、殺到するために起こることだろう。
そのため、底値からの上昇も一種のブレイクアウトと言える。

 

実際のトレードの感覚も『順張り』
スタイルに拘りすぎず技術は柔軟に応用しよう

色々理屈を並べてみたが、実際トレードで私が理想とする逆張りを行うと買う瞬間は明らかに順張りのブレイクアウトと同じ感覚である。
もちろん細かいアプローチは異なるが、買いの流れに乗り一気に上昇する感覚はブレイクアウトそのものだ。

私はチャンスと見たら順張りのブレイクアウトを逆張りの技術を応用して積極的に取りに行く。
このように、ある場面で有効な技術は応用すれば他の場面でも十分通用する可能性がある。

順張りだから、逆張りだからと固く構えず使える技術は色々な場面でどんどん使っていくべきだと思う。

 

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - テクニカル