40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

『勝つために負けない』『勝つために負けない』『勝つために負けない』

   

こんにちは、はみたろうです。

51imXZSWPBL._SX355_トレードは損失を出さなければ勝手に利益になる

トレーダーは利益を出すため、勝つ為にトレードを行う。
負ける為にトレードなんてしないので当たり前なのだが、時にはその勝ちにいく姿勢が悲劇を招く事がある。

今回は『勝つために負けない』をテーマに書いていこうと思う。

 

 

負けない事を意識していれば結果的に勝てる

201203158

デイトレードにおいて負けないということ。
それは『リスクの低いところにポジションを取る』ということだろう。

株は動くとすれば上がるか下がるかどちらかしか無い。
そのため、負けない立ち回りをしていれば自然と利益が転がり込んでくることになる。

だが全く動かないような銘柄ではまた違ったリスクを負うことになってしまう。
あくまでもデイトレ可能な値動きがあることが前提だ。

 

その意気込みはトレードのノイズとなる

 

こんな経験がないだろうか。

損失を取り返そうと必死にトレードしたものの、結果的にさらに損失を重ねてしまったこと。
前のトレードで大儲け。次も必ず儲かると思い全力で行ったら大損した。

これらは勝つ事に意識が行きすぎた事により起こった可能性が高い。

・手法は自分自身がニュートラルだからこそ力を発揮する

「このトレードは負けられない!」
なんて意気込んだところで相場の流れに影響するわけでもない。
むしろその意気込みがノイズになる分、それは害だとも言えるだろう。

無駄なノイズは極力排除し、自分をニュートラルに置くよう常日頃心がける必要がある。

 

 

負けないというのは覚悟が必要

・時間的な苦痛にも耐える覚悟

負けない立ち回りをするということはそれと同時に勝負が長期化することを意味する。
長期化すれば当然、忍耐力や強い精神力が必要となる。

基本的に人は継続が苦手だ。
単純作業を延々と行うことは苦痛を伴う。

デイトレードはその手法のクオリティーが上がれば上がるほど作業が単純化する傾向にある。
そのため技術が一定を越えると次は継続力が要求される事となる。

単純作業に飽きてしまい、自分の得意でない状況でもフラフラ入り損失を重ねる。
これはデイトレーダーによくある損の出し方なので十分注意していきたい。

・運の排除による覚悟

一度勝つだけなら運だけで可能なのであまり難しくないが継続して結果を出し続けるには運だけでは難しくなってくる。
これは回数を重ねることによって運の要素が排除されるからだ。
結果として高い能力が要求されることになるため、デイトレーダーは手法もメンタルも技術も磨き続ける必要がある。

デイトレーダーは自分自身を高め続けるために自分を疑う必要がある。
常に自分を疑い、自分に問いかけ続ける。

トレーダーは自分さえも信じてはいけない、その覚悟が必要だ。

 

結論

img_0

いざトレードを始めると、どうしても儲けたい気持ちが強く出てしまう。
それ自体悪いことではない。

その欲求が相場と向き合うエネルギーとなりトレーダーを前進させる。
そもそも儲けたい欲求を捨ててしまったら相場に参加すらしなくなってしまうだろう。

だが勝つ意識が強すぎれば、それは単なるトレードのノイズとなってしまう。
『勝ちたい欲求』をうまくコントロールし『勝つために負けない』方向へ意識を向けられたら自然と結果は付いてくるだろう。

 

『勝つために負けない』『勝つために負けない』『勝つために負けない』

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - リスク管理 , ,