40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

【コラム】リスクの高い場面を避ける

      2015/11/13

こんにちは、はみたろうです。

6929b940e4802cf13960acbb172247c2デイトレにはどのようなリスクがあるのか理解する

 

デイトレードをある程度経験するとリスクの高い瞬間とリスクの低い瞬間があることに気づく事がある。
私は逆張りがメイン手法なのでその視点からいくつか考えを書いてみたいと思う。


落ちるナイフ

逆張りは下降局面で利益を狙う手法である。
必然的に値動きが大きい場面での売買となる為一歩タイミングを間違えただけでチャンスが絶望へと変わってしまう。
リバウンドを狙っていく場面で1番危険なのは下落の真っ最中に入ってしまう事だろう。

よく『落ちるナイフを掴む』と言われるのはこの事を指す。

必ずとは言えないがトレンドの転換点は動きが鈍る特徴がある。
これは同時に下落速度が速い状況ではリバウンドの可能性が低い事を意味する。

下落が始まり、その動きが加速してるような状況は非常にリスクが高まってる状態になってると言えるのでトレードは避けるべきだろう。


悪材料が出た時

思わぬ悪材料が出た時もリバウンド狙いのトレードを避けるべきだと考えている。

悪材料は見る人によって大きくも小さくもなる。
その為か、どうしても値動きが荒くなり底値も探りにくくなる。
下落も落ち着いてきてそろそろ買い時かな、なんて思った途端さらに大きく下落するなんて事は珍しくない。

自分で明らかに下げすぎだと思うならば攻めるべきだとは思うが甘い考えでポジションを取るのは命取りになると思う。

常に最大リスクを考慮して立ち回る事が長生きの秘訣

明らかにリスクが高い場面は意外と簡単に見つかるはずだ。
しかし欲などが絡むと不思議とそれを見落として甘く入りがちになる。

そのような場面を避けるだけで劇的に収支が安定する事も十分考えられるので一度見直してみるべきだと思う。

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - リスク管理