40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

【コラム】実は証券会社選びはトレードに重要な要素

      2015/11/13

こんにちは、はみたろうです。

a0002_010815あなたの口座はいつからそのまま?

 

あなたは今の証券会社をどうやって決めただろうか

「とりあえず株をやろうと思って、元々楽天で買い物してたから楽天証券で作ったよ」

なんてノリで作ってそのままになってないだろうか。

以前と違い、今はデイトレードに特化したサービスがある。
例えば松井証券の1日信用はその中でも売買手数料が無料と特にデイトレードに特化したサービス提供をしている。

手数料が無料になると大きく変わる部分がある、それはなんだろうか。
手数料が無料だからガンガントレードができる!!
いや、正確にはそうではない。


トレードの『躊躇』がなくなる

デイトレは一瞬の売買判断が生死を分けることが少なくない。
少なからずトレードの結果に悪影響を与えている。

手数料が高い証券会社を使っていると
「ここで買って本当に大丈夫だろうか、手数料が無駄にならないだろうか」
「ここで損切りをしたら手数料が勿体無いかも」
このようなことを考えてしまい結果として一瞬の『躊躇』を生む。

デイトレは数多くの売買を重ねる為この一瞬の躊躇が積み重なり、結果として大きな差となってしまう。

 

損切りが遅れてしまう

手数料が高い証券会社だと損切りをして、また買い直した場合大きな手数料が発生してしまう。
「売買ルール的には一旦損切りして様子見するべきだよな、でも手数料勿体無い。もしかしたらこのまま持ってたら上がるかも」
このように考えてしまえば確実に損切りまでの判断は遅れてしまう。
これは『売買ルールを厳守』という観点から見ると非常に大きなリスクとなる。

見えにくい部分なので実感しにくいがデイトレの肝となるタイミングに影響する部分なので、ここを改善するとトレードへの効果は非常に大きい。

実際、私も手数料無料になってから成績が飛躍的に伸びた経緯がある。
手数料が無くなり売買に躊躇がなくなった事ももちろんだが手数が増えたことにより手法の熟成が早くなったのも要因だったと思う。

 

デイトレ専用口座は用意しよう

デイトレもやるしスイングもやる、なんて人もいると思う。
それでもデイトレ専用口座は作っておくことを強くお勧めしたい。
口座を分けてしまうと資金が分散するデメリットがあるがデイトレメインであればそれを補って余りあるメリットがあるだろう。
このように手数料に関しては気付きにくいリスクが存在している。
成績を少しでも上げる為には見えないリスクも一つ一つ潰していく必要があるだろう。

見えにくいリスクは重要になるので後日まとめてみたいと思う。

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - リスク管理