40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

【コラム】メンタルとは『立ち位置のニュートラル』

      2015/11/13

こんにちは、はみたろうです。

a11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91fデイトレードで『メンタル』は最重要

デイトレードの世界ではチカラが無いとまず生き残る事は不可能だ。

基本的にトレードは時間枠が長くなれば長くなるほど外的要因に左右されやすくなるので必然的に『運』の比率が高まる。
時間枠が短くなれば短くなるほどタイミングやアルゴリズム影響が大きくなるのでどうしてもそれらに対応するだけの『技術』が必要になってくる。
私はその『技術』の中には『メンタル』も含んで考えている。
今回はそのメンタルについて私なりの見解を書いていこうと思う。

 

相場においてのメンタルとは

一口にメンタルと言っても抽象的すぎて何だかよくわからないかもしれない。
私なりに具体的な言い方をすると『自分の状況を把握できる能力』ではないかと思っている。

個人差もあるだろうがトレード中に冷静さを失いがちな場面は数多い。
持ち株が急騰した、逆に急落した、こんな場面ではなかなか冷静な判断はできない。
欲や不安が入り混じっている状況で冷静な判断をしろと言う方が無理な話だ。

だからこそ買われすぎ、売られすぎなどオーバーシュートが起こり、結果としてチャートは波のように動く。
そのため波が大きければ大きいほど冷静な判断が出来ていない人が多かった事を示す。

 

自分の立ち位置は常にニュートラルに置く

『自分の状況を把握できる能力』
これは常に自分の立ち位置をニュートラルにする技術とも言える。
例えば持ち株が急騰した状況で考えてみよう。
「含み益がこんなにある。自分の分析だとまだまだ上値余地あるけど、せっかくの利益が無くなるのは嫌だから売ってしまおう」
「想定より上がってるけど勢いもあるしまだまだ上がる。もっと儲けたいからホールド!」

ニュートラルでないと、しっかり分析をして上値余地があると予想しているのに含み益を溶かしたくない気持ちが強く出てしまい早売りに繋がる。
また、もっと儲けたい気持ちが強く出すぎてしまい、本来であれば利確の場面でも欲を出して売り時を見誤ってしまう。
もちろんそれが当たる事もあるが自分の考えがブレての利益が長く続く事は無い。

自分をニュートラルに置く、これは視点を変えて考えると分かりやすい。

その急騰した株を持っていたとしても持っていない人の立場になっても考える。

「急騰してるけどもし持っていなかったらこの値段で買いたいと思うかな?」
このように考えて常にポジションを調整する。
そうすると必然的に売り時買い時は見えてくる。
自分で買いたくもない株は他人も買いたいはずがない。
それでも買われるのは自分の考えが甘かった時、そして市場が過熱して勢いで買われてる時だ。

 

市場の動きに惑わされない事

もちろん更に上がっていく銘柄は山のようにあるだろう。

ただ私の場合自分の基準を超えるような値動きをした場合、すべてイレギュラーとして気にしないように努めている。
デイトレでは早売りや売り時を見誤るなんてのは日常茶飯事だ。
それを毎回気にしていたら自分のポジションをニュートラルに置き続ける事は不可能だ。
更には欲や恐怖の無限ループに陥ってしまい結果を出せなくなってしまう。
儲けようとあれこれ考えるより自分のルールや考えに従ったほうが長期的に見て安定した利益を出せるだろう。

自分の基準をしっかりと設け、それに従ったトレードを行う事が結果として冷静な判断を生むと私は思う。
それが『メンタル』ではないだろうか。

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - メンタル , , ,