40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

あなたはわかりますか?目標と願望の大きな違いを

   

こんにちは、はみたろうです。

negaineko目標と願望は似ているが大きく異なる思考

 

あなたはトレードの収支に目標を立てているだろうか。
目標は間違った使い方をするとトレードのノイズとなりトレードの障害となってしまう。

今回のエントリーでは目標と願望について書いていこうと思う

 

目標と願望は違う

目標設定の時、一番間違えやすいのは目標ではなく単なる願望を設定してしまうパターンだろう。
目標と願望はよく混同されてしまうが性質としては全く違うものだ。

目標は現状をしっかり把握し、明確な根拠があって初めて設定することができる。
根拠もない目標は単なる願望であり無意味どころか邪魔にさえなる。

今日は〇〇万円稼げたらいいな、と根拠のない考えをそのまま目標に設定する行為は言ってしまえば単なる希望額を設定しているだけだ。

目標は自分の手法の完成度や地合い、その他色々な要素を考え設定しなければならない。
それらを全く考慮せず単なる希望額を設定することに意味はない。

むしろこのような目標設定はトレードのノイズになるだけだ。

 

一歩間違えると欲を生む

目標を成果に繋げるためには明確な根拠か必要となる。
根拠のある目標はルールとして機能し、トレードを正しい方向へ導く。
しかし目標の意味を勘違いし、根拠のない希望を設定してしまえばそこに生まれるのは単なる欲望だ。
過剰な欲望は冷静なトレードを阻害し、悪い流れを引き込む。
トレードは欲望のコントロールが必須となる為、無意味な欲を生み出す行為は極力避けなければならない。

 

ペース配分

自分の手法が大体どの程度利益を出せるのかしっかり理解していれば目標はペース配分をするための指標として機能する。

例えば1日平均1万円の利益が出る手法だったとしよう。
それがある日を境に5000円程度の利益が続いてしまっていたら何かしら問題が発生しているサインだ。

目標を正しく設定していたら異変にすぐ気づくことができ、即座に修正することが可能となる。
大きく調子崩してから対処するより労力も損失も少なくて済む。

 

調整

正しく目標を設定できていれば軌道修正が容易となる

トレードの歪みは放置するとそれが新たな歪みを生み、最悪は完全に崩壊してしまう。
そのためトレーダーは小さな歪みにも素早く対処することが求められる。

しかし、小さな歪みは普通にトレードをしていて気付きにくい部分なので気づいた時には既にボロボロになっている可能性が有る。

スポーツなどでもそうだが大きく調子を崩し、一度スランプに陥ってしまうとなかなか元の調子まで戻せなくなる。
トレードも同じで一度スランプに陥れば元の調子に戻すまでに大変な時間と労力を要する。

『目標』を正しく設定できればスランプに陥る可能性を下げることが可能となる。
是非とも有効活用していくべきだと思う。

 

まとめると

031523

目標と願望が別物だと理解することは地味だがとても大事なことだ。
願望は完全にノイズなので有効な手法ですら無力化してしまうことがある。
似ているが大きく違うこの二つを間違えないように気をつけていきたい。

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - メンタル , , , , ,