40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

【コラム】魔法の呪文『私のロスカットは世界一美しい』

      2015/11/13

こんにちは、はみたろうです。

B15b023e 2

ロスカットはツラい、だからこそ

ロスカット、それはそれは嫌な響きだ。
できる事なら経験をしたくない損切り、しかしデイトレ=損切りのような物なので切っても切り離す事ができない。

損切りが続くと、どうしても気分が落ち込んでしまいその後のトレードに悪影響を与える事がある。
そんな状況では結果が悪かっただけで内容自体は良かったトレードまで悪影響を与える事に繋がってしまう。
このような悪いループは避けるべきだろう。

悪い事は逆に考えプラスのイメージへ

デイトレードを行っていると自分で思う理想的なタイミングで損切りをできる事も少なくない。
これはルールの厳守という面から見ると損失であったとしても素晴らしい事だ。

だが、結局は損切りなので良かった部分に気付けず終わってしまう事が多いのではないだろうか。

良い損切りはトレードとしては利確以上の価値が有る。
これはデイトレードでの最も大切なのはリスクコントロールであるからだ。
そして、そのリスクコントロールは損切りの良し悪しが大部分を占める。

そんな重要なポジションにある損切りが良かったのに、良い部分は気付かれにくい。 これは非常に勿体無い話ではないだろうか。

魔法の言葉を唱えよう

これらを気付きやすくするには魔法の言葉を唱えるのが良い。
損切りをした時、よっぽど酷い内容でなければ自分自身を褒めるようにするのだ。

「こんな状況で損切りを判断できる俺、カコイイ」
「ああ、こんなに綺麗に切れるなんて、私のロスカットは世界一美しい」

など自分の損切りを前向きに捉える癖を付けると良い。
そうすることによって損切りの中にも良い部分があったことに気付きやすくなり、損切りをきっかけとするメンタル崩壊を減らす事にも繋がる。

若干甘い損切りだったとしても構わない。
重要なのはマイナスに考えすぎて良い部分があった事を見逃さない為だからだ。

見逃さないよう心がけを続けるうちに良いトレードと悪いトレードの違いに敏感になる。
結果としてトレードの精度はさらに高まり、結果にも繋がるだろう。

悪い中にも良いものがあると認識する

良いトレードをした時それを分析し、今後のトレードに生かす。
これはとても大切なのだがそもそも良い部分に気付けなければ意味がない。

損をした時の良い部分は意外と盲点なのだがトレードとしてはとても重要な部分だと思う。

良い事をしたのに褒められない自分は可哀想だ。

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - メンタル