40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

【コラム】間違いを犯した時

      2015/11/13

こんにちは、はみたろうです。

4611トレードは非常に多くの決断をする。
その中には辛く悲しい物もありなかなか決断できないこともあるだろう。
どんなに優れた手法、技術、メンタルを持っていたとしても人間は過ちを犯す生き物だ。
失敗はどうしても起こってしまう。
あなたは失敗をして大きな損失を抱えている時どうしているだろうか?
よくスポーツなどで言われる
『流れ』
これは不思議と本当に存在していると私は考えている。
野球は3割ヒットが出たら高水準だ。
しかし確率的にいって不自然なくらい打線が繋がることは結構ある。
逆に確率的に不自然なくらい凡打が続く事もある。
株でもこのような『流れ』を感じることが多い。
利益が重なる時はガンガン積み重なって気付いた頃には大儲け、そのまままの勢いで毎日連勝。
だが一度崩すとその流れを止められなくてズルズルと損失を重ね、気付いた頃には大怪我を負ってた。
こんな事はよく起こっている。
「トレードで大失敗をして大きな含み損を抱えてしまった」
「でもこのまま持ってたら戻るだろう」
上のような状況は多分皆経験があると思う。
だが実際このような状況で冷静な判断をすることは至難の技だ。
ましてやそのような状態において他の銘柄でのトレードで安定した成績を残すことは不可能だろう。
そんな時は一度全てリセットをしてしまうのが一番の対策法だと私は思い、実践してきている。
失敗をしてしまった悪い精神状態でトレードを続けて良い結果になるとはとても思えない。
『流れ』とは精神状態に起因していると感じる事が多い。
さっきの野球もそうだ。
選手のコンディションは常に一定では無い。
例えばだが良い精神状態の時に4割打ち、悪い精神状態の時は2割に留まるとする。
『流れ』が来た時は選手全員が良い精神状態だったのだと不思議な確率も説明がつきそうなものだ。
トレードでも普段勝率8割の人がスランプで3割程まで落ちる事はそう珍しい事ではないだろう。
このように考えると『悪い流れ』とは、良くないコンディションの時に起こる。
思わぬ失敗をしてしまい大きな含みを抱えてしまった時などは思い切ってバッサリ切り捨てるのが一番の対策法だと思う。
そんな最悪な状態の含み損を抱えてトレードに臨むより、バッサリ切り捨てて新たな気持ちでトレードを行ったほうが確率的に言っても賢い選択だろう。
大きな失敗を犯してしまった、そんな時は極力『悪い流れ』を引きずらないよう、時には切り捨てる勇気を持ってトレードに臨みたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基本的にツイッターに生息しています。
フォローしていただけたら飛び跳ねて喜びます。
https://twitter.com/hamitarooo
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - デイトレード