40万が億に!?はみたろうデイトレ術

*

【初心者】クソ株上等!!初心者に最適な銘柄選び

      2015/11/16

こんにちは、はみたろうです。

cat_top_beginner

優良銘柄でのデイトレは間違い!もっと適した銘柄がある

「デイトレを始めたんだけど、どんな銘柄でやればいいかわからないよー」
始めたばかりのトレーダーはこんな風に悩むことも多いんじゃないかと思う。

実際私も悩みに悩んだ一人だ。
デイトレードを始めたのはいいものの、何をすればいいのかわからず途方に暮れていた経験がある。
これではとても時間が勿体無い。

このエントリーを読んでくれている人がそうならないよう祈りを込めて今回は初心者向き銘柄の選び方を紹介していこうと思う。

『初心者なら優良銘柄が良い』は間違い

いろいろな本やサイトには初心者は東証一部銘柄などの優良銘柄が良いと書かれていることが多い。
これは勿論正しい面もあるだろう。
だが私は「デイトレードをうまくなりたい」と思っている初心者には不向きだと考える。

初心者は目先の利益を求めたり、無闇にリスクを回避したりしないほうが長い目で見れば結果として良いだろうと思う。
デイトレードとリスクは切っても切れない関係にある。
そのため無闇にリスクを回避すればデイトレードしている意味がないなんてことが起こりうる。

 

優良銘柄は流動性が高すぎる

売買が多い銘柄では自分の売り買いが株価に影響されにくくなる。
これ自体は流動性のリスクを負わなくていいため良い面も確かにある。
しかし将来を見据えたトレーニングという面から言えば適切とは言えない部分も多い。

値動きが緩慢

流動性が高いと値動き自体が非常に小さくなる。
初心者だから値動きが遅いほうが練習になると意見もあるだろう。
しかしデイトレードは値動きの中にチャンスを見つけて売買することで利益を得るトレード法だ。
それなの初心者だからとわざわざ動かないような銘柄で練習する必要はあるのだろうか。
動く銘柄で勝負することがデイトレードなのだから動かない銘柄での練習は本末転倒であり無意味と言える。

板が厚すぎて読みにくい

デイトレにおいて板読み技術はとても大切だ。
しかし大型優良株はそのほとんどが板が非常に厚く板読みしにくい状況にある。

このような銘柄でいくら練習しようとも板読みの技術は上がらないだろう。
板読みの技術はこれから継続して利益を出そうと思ったら必須とも言える能力なのでこれを伸ばせるような銘柄選びが求められる。

 

study_point

初心者向きな銘柄選び


ここで具体的な初心者におすすめの選び方を紹介しよう。

・新興市場の人気銘柄
・前日ストップ高など市場の注目度の高い銘柄
・一度大相場を作り、その後落ち着きを見せた銘柄
・そこそこ売買されている板の飛び飛びで薄い銘柄

これらが適してると思う。
最後の『そこそこ売買されている板の飛び飛びで薄い銘柄』これに疑問を持つ人もいるかと思うので少し説明させてもらう。

板薄銘柄は学び舎

板の薄い銘柄を売買すると自分の売り買いがダイレクトに株価に影響されることになる。
それなので相場の動きをとても学びやすい。

また、板読みがとてもしやすいので練習にはもってこいだ。
買い板が厚ければ、逆に薄ければ、株がどのような反応をするのかを数多く経験できる。

そして自分の買い注文が相場にどのような影響を与えるのか。
アルゴリズムが働くとトレードにどのような影響を与えるのか、このようなことも学びやすい。

自分の買いをきっかけとしたブレイクなども誘発させやすい。
板薄銘柄は最高の学び舎だと私は考えている。

 

 

a11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91f

ただしリスクも高い

もちろんこのような銘柄にはリスクもある。
だがデイトレードとは高いリスクの中どうすればリスクを減らせるか、が鍵となる。
単純にリスクが高いからと避けていてはいつまでも成長はないだろう。
単純なリスク回避はそれこそ思考停止に繋がってしまうので避けなければならない。

 

たくさんの経験をしよう!

銘柄選びはトレードスタイルと直結しているため、いろいろな意見があって当然だと思う。
選ぶ銘柄によって今後の手法構築にも大きな影響も与えるはずだ。
ビギナーはまだスタイルも何も手探りな状態のはずなので色々チャレンジしてみるのがいいだろう。

だが、練習で退場しては意味がない。
練習は練習と割り切ってポジションを落としたり、実トレードをせずエアトレードなどで経験を積むのもありだろう。
{関連エントリー【初心者向け】デイトレードのトレーニング方法教えます

銘柄選び一つでも奥が深い。
常に自分に合った方法を考え続けるべきだと思う。

このエントリーで「デイトレード」の本質について改めて考えて下さった方は、 ↓このリンクをクリックを!!


 - 初心者向け , ,